エヴァーグレイス

かのこマンが、PS2をゲットして

一番最初にプレイしたのが

フロムソフトウェアの「エヴァーグレイス」です。

ゲーム屋さんに、

PS2ソフトをジャンル別に紹介している小冊子がありまして

それを家に持ち帰り、ボロボロになるまで何日も読んで

検討した結果決めました。

「エヴァーグレイス」はアクションRPGです。

アクションといっても、そんなに難しくありません。

武器を持って、クリーチャーを倒します。

BOSS戦もあります。

武器がいっぱいあります。

かのこマンのお気に入り武器は、

ピコピコハンマーです。

最初のうちは、全く使い物になりません。

しかし、強化していくうちに最強のハンマーになります。

もちろん、叩くとピコピコ音がします。

ラスボスはピコピコハンマーでイチコロです。

地球儀もあります。

T型定規もあります。

どっちも樹属性ですが、

かのこマンは地球儀のほうが好きなので

地球儀でクリーチャーをなぐります。

フライパンもあります。

目玉焼きがのっていますが、使い物になりません。

ショップに売り飛ばします。

まともな武器もあります。

中盤あたりで手に入るティールブレードは使いやすいです。

防具もたくさんあります。

なべがかぶれます。

雷の攻撃を受けるとひとたまりもないです。

葉っぱもあります。

防御力は皆無に等しいです。

鳥の巣もあります。

使い物になりません。

ショップに売り飛ばします。

装備を変えると、画面に反映されます。

エヴァーグレイスの一番のウリですね。

最初は、当然へっぽこ装備です。

なべと弓を持ってクリーチャーと戦います。

歩いていると、かぼちゃを発見しました。

なべよりかぼちゃのほうが使えるので、

かぼちゃをかぶって敵を倒します。

 

何かとお金がかかるので、

隠しダンジョンのシャドウタワーで、

敵を倒しつつお金を稼ぎます。

レアアイテムも手に入るので一石二鳥です。

 

かのこマン、

このゲームの雰囲気が好きです。

ユテラルドをプレイする場合は、

サラマドの丘からスタートします。

落ち葉が舞い散るとてもきれいな場所です。

海があります。

泉を越えると、

池があります。

池には花が浮いています。

池の奥に行ってしまうと、落ちてゲームオーバーになります。

基本的に、

歩く・走るのみで、ジャンプができません。

ダンジョンの道から落ちるとゲームオーバーです。

サラマドの丘が好きですが、リューベーン城も好きです。

床に樽が転がっていたりして、画面を眺めると

色々な発見があっておもしろいです。

壁や天井の模様も凝っています。

デザインがとてもいいです。

おしゃれです。

 

ただこのゲーム、孤独です。

最初から最後まで一人です。

もちろん一人でラスボスを倒します。

仲間はいません。

この孤独感が好きだったりします。

  

しかし、

もしかのこマンがこのゲームの主人公だったら、

誰か連れて行きます。

ベケットだと、ワンショットワンキルでかのこマンの出番がありません。

モルダーだと、クリーチャーに魅せられ共存の道へ進みそうなので

クリアできそうにありません。

なので、擬人化ヨネを連れて行こうと思います。

 

「ねぇヨネ!ここどこだろうね。

かのこマンこんなところ来たことないよ」

「ンフー」

「ねぇヨネ。聞いてるのヨネ。」

「ンフー」

「ヨネ。髪ばっかりとかしてないで、

武器とか見つけようよ」

「・・・何ようるさいわね。

あんたこそ髪とかしなさいよ。

武器?これでいいじゃない。」

「ヨネ。こんな棒きれじゃ敵倒せないよ・・・。

防具がないよヨネ。」

「これでいいじゃないの」

「ヨネ・・・。これ片手なべだよ・・・。」

 

エヴァーグレイスに関しては、

攻略本=かのこマン です。

 

ゲームがしたいです。

 

 

2_2  

ン? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム

ゲームしたい(゚д゚)

ねぇゲーム(゚д゚)

 

初めて手に入れたゲーム機が、

ゲームボーイカラーです。

紫色の。

ソフトは、ポケモン金!

その当時、どこのお店に行っても品切れで・・・。

プルルルル・・・

「あの、ゲームボーイカラーとポケモン金欲しいです」

「あの、ゲームボーイカラーを・・・。じゃぁ、ポケモン金は?

「ゲームボーイカラーは・・・」

「じゃ、じゃぁポケモン銀は・・・」

「え!?はい!」

ゲットしたのは、かのこマンが小学校6年生の時です。

学校へ行くと、みんなポケモンの話をしていました。

かのこマンは最初、ヒノアラシをセレクト。

そのあと、ウソッキーとオオタチとヨルノズクとスリープを。

あと、赤いギャラドスと。

やはり、一番のお気に入りはヒノアラシですね。

進化すると、かっこよくなるんですよ。

最初の難関は、アカネが使うミルタンクです。

ノーマルだから、弱点がねぇの。

デブデブしたピンクのミルタンクはころがるを連発。

HPをどんどん削られるヒノアラシ。

もうこのウシコロが!

かのこマン、スリープが好きです。

あの腹ファファファ(゚∀゚)

間違って、スリープにマスターボール使っちゃったファファフ・・・。

しかも、すでにパーティにスリープいるのに・・・。

金銀では、色違いポケモンというのがいまして。

かのこマンは、普通より色の薄いメノクラゲをゲットしました。

エンカウントバトルに入るときに、キラキラ光ります。

あと、ごくごくまれにパーティ内のポケモンがウィルスにかかります。

ポケモンのステータス画面右上に小さな点がついていたら

ウィルスです。

特に、デメリットはないような気がします。

でも、他のポケモンに感染します。

・・・それだけですきっと。

コラッタには、何の魅力も感じません。

 

そして、中学校1年生になったかのこマン。

もっと、大きな画面でゲームをしてみたいと思い始めます。

PSかPS2で迷ったあげくPS2を購入することに。

「あの、PS2が欲しいです」

「あの、PS2・・・」

「PS2」

「PS2が欲しい」

「PSじゃなくてPS2がいい」

「PS2。PS2がいい」

「明日の11:00から、全国のセブンイレブンで一斉に

PS2販売予約電話があるので、お兄さん頑張るからね。

電話がつながるように頑張るからね。

もし、つながらなかったら・・・ごめんね」

地元のセブンイレブンに望みをかけるかのこマン。

お兄さんが必死に受話器を持ってる頃、

かのこマンは学校の美術室で、ミカの顔色を伺いながら

お友達とトーク中。

なんであんなにつまらん授業かね。

肌色のトレーナーばっかり着やがってw

そして、学校から帰宅とともに鳴り響く電話の音。

プルルルル・・・

「はいかのこマンです」

「・・・ヒィ、あの・・・、セ、セブンイ、イレブンですけどヒィ。

PS2が・・・ヒィ、い、1台だけ確保でき・・・、できましたのでヒィ」

かのこマン大喜び。

ルンルンで後日PS2を取りにセブンイレブンへ。

お兄さんはいませんでした。

店の奥から現れたPS2はビッグでした。

わー、おもーい。

この当時は、発売されて間もない頃だったので

ごつくて重いんです。

値下げ前なので5万円近くした気が・・・。

家に連れて帰って、PS2で早速CDを聞きました。

 

ここでゲームをプレイしないのがかのこマンです。

 

ゲームしたい(゚д゚)

時代はいつの間にやら、

DSとPS3とwiiと・・・。

この前懸賞で応募したDSかPS3が当たりますように。

 

 

 

(ミッチ゚д゚){昨夜はヒドイいめにあいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)