« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

Uncertainly

思えば今日は、

一日中あいまいだった。

足元には白いスモークが漂っていて、

地面に落ちている何かを拾おうと手を伸ばすと、

ゆらゆら煙が立ち上ってきて視界を遮る。

確実だったのは、 

駅から沼までのバス代210円。

それだけ。

 

11:00に目が覚めた。

ケータイを見る。

天気予報が更新されていない、昨夜のままだ。

服を買いに行くか、電気屋に行くか、絵を見に行くか、

はたまた、絵を見に行った後電気屋に行くか迷う。

とりあえず、顔を洗うことにした。

 

何を着たらいいのだろう。

雨は降るのだろうか。

なかなか当たる、ケータイの天気予報が

まだ更新されない。

この前買った黒い靴を履きたいが

雨に濡らしたくなかった。

グレーのジャケットを羽織って、思う。

もう春なのに、これでは暑苦しいじゃないか。

春先に着る、上着がなかった。

 

服選びに1時間かかってしまった。

絵を観る前に、馴染みのドトールでブランチにしたかったのに。

腹が空いているが電車に乗り込むことにした。

 

失敗したかな、と思い

30分後には

あぁ、失敗だ、と確信した。

寒かった。

春なのに、寒かった。

グレーのジャケットや、冬用の黒いコートで良かった。

駅のホームにいる若い女性がマフラーをしている。

なんだ、この前は自分しかしていなかったのに。

ふと、買い物に行ったときのことを思い出した。

 

次は、~沼、~沼です。

港を連想させるような、倉庫が立ち並ぶバス停だった。

函館みたいだな、と思った。

目の前に、細い道が続いている。

展覧会は、この先だろうか。

歩くことにした。

風が冷たい。

ペラペラの上着が頼りない。

途中、右手に

まるで狼のような大きい犬がいた。

 

行き止まりだ。

引き返すことにする。

「2つの倉庫の間を通って、三叉路に出たら左折」

  

三叉路とは、このことだろうか。

竹が生い茂る、砂利道が伸びていた。

ここは何だか、九州みたいだ。

昨日まで雨だったせいか、地面がぬかるむ。

さっきから、人を見かけない。

不安になる。

ここであってるのだろうか。

 

水面が黒く波打っている。

沼があった。

後ろから、竹の葉の揺れる音がする。

静けさの中で、犬と目が合った。

さっきとは違う犬だ。

沼が自分を呼んでいる気がする。

どこからともなく白い煙がくるようで、

早足で踵を返した。

 

まるで、自分を誘うような

赤い矢印を見つけた。

さっきまで、こんなの見なかったのに。

緑や灰色の混じる冴えない景色の中で、赤だけが鮮明だった。

 

一定間隔で矢印は続く。

自分が試されているような気がしてきた。

ふと、何者かの視線を感じてはっと右を見る。

犬だ。犬がこっちを見ている。

首輪についている鈴が、チリンと音を立てた。

今日はやけに、犬を見る。

 

不確実。

あいまい。

 

光と影が混ざっていたのだろうか。

http://marunuma-artpark.co.jp/collection/0802.html

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

料理してないな、最近。

何かもう、めんどくさくて。

帰宅したら、ぼーっとしたのち寝たいのね。

料理したら、色んな義務が生じるから嫌なの。

茶碗洗いとか、生ゴミ捨てたり。

あれこれやるのは、仕事だけにして欲しいわ。

布団も敷きっぱなし。

畳んだって、どうせまた敷くんだし。

うん。今最も嫌いな言葉は、義務 ね。義務 。

 

フレッドペリーの、ポロシャツや靴が欲しい。

入間にアウトレットモールができたから、近いうちに行ってみようと思う。

アンドリュー・ワイエスの絵も見に行こうと思う。

GWは実家に帰るから、

親戚その他諸々の人達におみやげも買わないと。

今まではスタバのコーヒーにしてたけど、今回は趣向を変えてみる。

お茶買ってみるかな。狭山のお茶。高いらしいが。

空港にも色々売ってるけど、買う時間がない。

近場で色々見てみるか・・・。 

 

空港までの電車乗り継ぎの件。

家から大体1.5時間かかるのよ。

池袋までの30分はしょうがないとして、

池袋~品川までの、山手線が長い。

ほぼ半周だからね。

で、考えたんだけど

湘南新宿ライン使うってどうよ。

大崎で降りたら、品川まで1駅じゃなかったっけ、確か。

 

―10分経過― 

 

や、むしろ泉岳寺でn(ry・・・

 

―5分経過― 

 

ダメだ。やっぱり品川まで行ったほうがいいな。

バスは時間が合わないし。 

うーん。 

 

―20分経過― 

  

あー、大崎で降りたって結局品川まで行くんだから、

やっぱり山手線に乗ったほうがいいのか。

 好きなんだよね、乗り換え考えたりするの。 

 

寝るわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blank

ここ数日、天気が悪い。

今日も雨。昨日も雨だった。

ジーパンの裾が濡れるのが不快だ。

どうにかならんのか。

長靴。

まぁ、おしゃれに言うと

らばーぶーつってやつ?

欲しいんだよね。

履いてそのまま代官山行けそうなくらいの、洒落た長靴。

そういえばいつだったか、

豪雨のなかツタヤへ行ったことがある。

確か 秋、10月頃だった。 

 

まだ昼過ぎだっていうのに、外は暗くて人もいない。

外に出たくなかったけど、

「延滞料金」は払いたくないからやっぱり行くしかなかった。

ユニクロで買った紺色の麻のイージーパンツを履いた。

長靴がないから、リーボックのスニーカーにした。

ツタヤまでは、歩いて7分くらいだ。

歩道がないから、車道の脇を歩く。

すぐそばを車が通るたびに、パンツの裾を気にする。

家を出る前に、丈を短く折ったのに

見てみると、だらんと伸びてたっぷり水を含んでいる。

向かいから、ビニールの雨合羽を着たおばさんが自転車に乗ってやってくる。

「あぁ、だよな。」と妙に納得してしまった。

風の強い、雨の日は傘なんて役立たずだ。

雨合羽。

そういえば実家にあったな、と思い出す。

もうかれこれ10分は歩いている。

向かい風のせいで、3分ロス。

やっとスクランブル交差点だ。

こういうときに限って信号は赤。

このくそったれ。

シープスキンのスニーカーに水が入って、

足が冷たい。

帰ったら真っ先にシャワーを浴びたい。

ツタヤに着いた。

やれやれだ。疲れた。

歩く度に、濡れた靴底がキュッキュッとなる。

足元が重い。

紺色のズボンが黒に見えた。 

長靴。長靴が欲しい。

と、10回は思った。

 

なんとなくだけど、

ブログをまめに更新してみることにする。

絵文字が使えるようだboutique

靴で思い出したが、

春、夏に着る服がなくて困っている。

タートルネックみたいに、

1枚着ればビシッと決まるカットソーが、春夏にはない気がする。

今日明日と休みだから、

近所のリサイクルショップに行って考えてみようと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »