« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

ロマンス

かのこマンの家から、車で20分程のところに

温泉郷があります。

そこに、いとこが住んでいます。

北のほうには、小さいスキー場があります。

かのこマンはこのスキー場が気にいっています。

小さくて、人も少ないけど、

考え事をしながら滑るかのこマンには

ぴったりのスキー場です。

初めてスキー靴を履いたのは小学校1年生の時です。

3人のいとこに連れられ、

初っ端からリフトに乗せられるかのこマン。

グォングォン音をたてながら動くリフトが面白くて、

はしゃいでいたのも束の間。

頂上に着き、

目の前に広がる、思ったより急な傾斜に

怖気づいてしまいました。

背の高い松の木が自分の足元で揺れているのです。

車が小さく見えたし、湖がはっきり見下ろせました。

とんでもなく高い所へ来てしまったと、

かのこマン泣き出します。

いとこが、

怖くないから、となだめますが

怖いものは怖いんです。

結局その場で30分も粘り、

ついにはスキーを外して

いとこの背中におんぶされて下まで降りました。

この思い出深いコースが、

ロマンスコースと言いまして。

通称ロマンスです。

ロマンスは初心者向けコースですが、

意外と傾斜が急なんです。

それに、ボーッとして一歩間違えれば、

全コース中傾斜角度が最も大きい

競技用サーキットコースに一直線です。

かのこマン、サーキットコースは未だに

滑ったことがありません。

 

あれから、ビビリのあだ名をつけられたかのこマンは、

もちろんこのまま引き下がるわけには行きません。

いとこと共に、ロマンス徹底攻略に励み

1年後には「ロマンス暴走族」の名を欲しいままに・・・。

へたにターンをすると、板が雪に埋もれたり、

右と左のスキー板が重なりあって転ぶ原因になってしまいます。

そこで、当時のかのこマンは

頂上からふもとまで、

一気に直滑降で滑り降りることを思いつきます。

ものすごいスピードで、

耳の横で風がごうごうと音をたてます。

スリルがあって、ちょっと怖いんだけど

それがまた良かったりするんです。

でも、ただ直滑降をすればいいってもんじゃありません。

いとこが、

かっこいい直滑降のフォームを教えてくれました。

膝をしっかり曲げるのはもちろん、

腰を落として、お尻を上げちゃいけません。

両脇に抱えるようにして持つストックの先が、激しく上を向いていたら

これほどかっこ悪いことはありません。

かのこマン、直滑降には今でもこだわりがあります。

  

このスキー場は、

数年前までナイターをやっていました。

ナイターはロマンスだけ開放されます。

明かりが綺麗で素敵でした。

リフトに乗りながら聞く広瀬香美が懐かしいです。

SPEEDも流れていました。

手が冷えて痛くなるまで、思う存分滑った後は

いとこの家で温泉に入り、

夜中までトランプやゲーム三昧。

いとこ3人はかのこマンより年上で、よく面倒をみてくれたし

大勢で遊ぶ機会がなかった一人っ子のかのこマンにとって、

この時はとても楽しかったです。

かのこマンを含めて、4人が集まると

いつもゲームをしていました。

神経衰弱や、大富豪から始まって、

スーパーファミコンや、タワーブロックで遊んだり、

わざわざキャンプ場に行って、ロケット花火を上げたこともあったし

外で缶蹴りもしました。

 

また4人集まって、大富豪したいな。

ババ抜きでもいいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーニー

アーニー!アーニー!

アーネスト!アーネスト!

アイ ラブ アーニー

ということでですね、

アーニーが好きなんですけれども。

昨日かのこマンは、

「シェイド」という映画を観まして。

1996年のアメリカの映画です。

元警察官だったアーニー。

一身上の都合で警察官をやめたあとは、

大学教授として、暮らしています。

ある日同僚の教授が殺され、

ひょんなことから犯人探しを始めます。

家に着くなり、

意味ありげに、腕に注射するアーニー。

これには深い訳があるのです。

そして!

アーニーことアーネストを演じるのが、

トム・ベレンジャー!!!!!

キャァァァァァァァ!!!!!!!!!!

ハァハァ(´д`*)

トムかわいいよトム(´д`*)

のそのそ歩くアーニー。

ベッドに横になって泣くアーニー。

大笑いするアーニー。

フヘヘ、たまらんよ。

かわいいよフヘヘ。

ベケットや、バーンズ軍曹の面影は

一つもありません。

優しくておどおどするアーニーキャァァァ!

誰かれかまわず睨みつけるベケットとは大違いキャァァァ!

そのギャップがたまらんキャァァァ!

のそのそ歩きかわいいよのそのそ。

かのこマンも、のそのそ歩くよのそのそ。

肩をつかまれ、ポカンとするアーニー。

ハァハァ(´д`*)

ポカンアーニーもたまらんよ(´д`*)

地元のツタヤでやっと見つけた「シェイド」。

今度は「野獣教師」観たいよ。

 

■今まで観た、もっとキャァァァ!なトム・ベレンジャーの役柄BEST4■

1.ベケット(山猫は眠らない)★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2.バーンズ軍曹(プラトーン)★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3.アーネスト(シェイド)★★★★★★★★★★★★

4.ライリー(ワンマンズヒーロー)★★★★★★★

 

結果をみてわかるように、

やはりトム・ベレンジャーは男らしい汗くさい役柄が似合ってるようですね。

声の甘さとは裏腹に、

ふとした時の目が鋭くて冷たいのよね。

それでいて、すいこまれそうなブルーアイズキャァァァ!

  

 

・・・・・・・・

ラドミファファファ(ファファファ)

(ミッチ゚д゚){ストーリーが中途半端に終わるのが

XFILEの良さでもあると僕は思うんです。

なにせ、未解決ファイル(XFILE)ですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画

映画!映画!

アイ ライク 映画!

ということでですね、

映画が好きなんですけれども。

半額クーポンメール!

半額クーポンメール!

2,3月は毎日のように映画を見てました。

普段は、DVD1週間レンタル360円だけど

半額クーポンメールで180円!

ヤスー(゚д゚)

大抵は、XFILEと何かもう1作

計2枚の組み合わせです。

XFILEの面白さは後日語るとして、

・・・やっぱり今にする(゚д゚)

 

モルダー!モルダー!

スカリー!スカリー!

ミッチ!ミッチ!

6年前からこつこつ見続けてきたXFILE。

アメリカのTVドラマなんだから、

アメリカっぽく観たいと思って

ポップコーン片手にコーラ飲みながら観た時期もありました。

ついこの間シーズン5を観終わりました。

XFILE終章まで、あと2シーズン!

XFILEの何がいいって、あの

オープニングの音です。

ラドミファ、ファ、ファ、なのか

ラドミファドミファドミファドミなのか

ラドミファ、ファ、ファと鳴りつつ、一方で

ラドミ・ドミ・ドミ・ドミなのか

何回聞いてもわからん!

モルダーには一種の魔力がありまして。

パッと見、美形ではないですし

世間一般で言うところの二枚目でもないのに

かっこいい(゚д゚*)

魔力は、XFILEをある程度見続けると効いてくるのです。

シーズン1を観ただけではそんなに効き目はありません。

シーズン2あたりから少しずつ効き始め、

シーズン4になる頃には、

モルダー目当てでレンタルショップに・・・。

目を閉じると、まぶたの裏にモルダーアッー。

 

かのこマンはスカリーも好きです。

強気なスカリー。

普段人には弱い部分を見せないけど、

それがごくたまに、何かの調子でフッと表に出てしまう。

ぶりぶりして男に色目を使い、

なんでもかんでもおごってもらうようなペラ女とは大違い。

かわいいスカリー。

怒ってるスカリー。

はにかむスカリー。

モルダーの電話にムッとするスカリー。

普段着のスカリー。

フヘヘ、たまらんね。

特に、たまらんのが

入浴シーン!入浴シーン!

入浴シーンは、ストーリー中突然やってきます。

それまでリンゴをごりごり食べていたかのこマンですが、

ふと異変に気づくんです。

あ、脚。泡まみれのあ、脚がアップに。

こ、このうまそうな脚は、まさかス・・・

あっ!

泡風呂に浸かったスカリーがアップに!

ウヘヘ。リンゴを落とすかのこマン。

そして、次の瞬間スカリーが・・・アッー!

 

XFILEは非日常的なテーマをうまくまとめてあるんです。

ストーリー内での、宇宙人や吸血鬼の扱い方に説得力があるんです。

脚本や、音楽、カメラワークがそのシーンごとに

うまく絡みあって画面に引きつけられるのです。

セットも意外性があっておもしろいし。

ミッチもいるし。

 

(ミッチ゚д゚){トゥワイス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RUINS ~2~

広い。

とても広い。

40畳はある。

それほど傷んでいない畳の上には、

長い宴会用の机が規則正しく並べてあり、

その上には白い磁気の皿やぐい飲みが

ごちゃごちゃと置かれていた。

宴席特有の騒がしさとともに

胡坐を崩して酒を酌み交わす、浴衣姿の酔っ払いが

よみがえってきそうだが、それを妨げているものがあった。

布団だ。

一面、布団だらけだった。

宴会場に布団。なぜ。

 

鍵穴のありそうな扉はここにはない。

次はどこに行こうか。

先の、案内板へ戻る事にした。

廊下を半分程歩いたところで、

宴会場に一人置いてきた事に気づいた。

 

シャッター棒を布団にねじ込みながら、

写真付きのカラーメニューを見て、

「これさ、うまそうだよ。Aセットがいい」

ばか 知るか。

 

次は大浴場へ行くことに決めた。

地下1階にある。

下へと続く、真っ暗な階段を目にして

思わず足が止まった。

生温かい、危険なにおいのする空気が鼻を掠めた。

躊躇していると、

「階段に穴が開いていたら大変だから、

これで確かめながら歩く」

そう言って、シャッター棒を階段にぶつけてカチカチいわせながら

暗い中に消えていった。

自分も後に続いた。

 

カチカチと、規則正しい音がする。

「あっ」

不意に、音が止んだ。 

ヒヤッとした。

階段をちょうど降りたところで、

床に穴が開いている。

時が長く経過したせいで、腐蝕したのだろうか。

このときばかりはシャッター棒に感謝した。

 

地下は思ったより明るかった。

地下というより半地下だ。

窓がある。

壊れた自動販売機を見つけた。

見慣れないラベルの、缶見本だったが

よく見てみると、ファンタグレープだったりして

興味深かった。

 

大浴場のガラス戸は、割れていなかった。

半開きになっていて、

まるで自分達を誘っているようだった。

近づくにつれ、かすかに硫黄のにおいが

漂ってきた。

この地域一帯は、

昔も今も温泉街だったのを思い出した。

もしかしたら、廃業してから今もなお

湯船にはお湯が溢れているのではないか。

 

白く、湯気が立ち込めている気がして

もやをたちきるように手で払うと

視界が鮮明になった。

苔に覆われて緑色になった足元を、

滑らないように慎重に歩いた。

おそるおそる、浴槽に近づく。

お湯は無かった。

タイルが湯垢のようなもので汚れている。

浴槽に入ってみた。

お湯の無い湯船に土足で入る自分の姿が

どこかおかしかった。

 

首から上の、ライオンの像がある。

口を開けている。

ここから、お湯が出ていたのだろう。

浴槽の中に立ったまま、周囲を見渡した。

天井は塗料がはげている。

タイルの床には、

洗面器が一つ二つ転がっていた。

開放感があった。

靴音がこだました。

ライオン像のせいか、浴場を緑色に変えた苔のせいか

どこか非日本的な雰囲気があった。

ローマみたいだな、と

行った事もないのにそう思った。

ライオンの牙に、何かぶら下がっていた。

 

湯垢だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RUINS

鍵を見つけた。

きっと、「秘密」の鍵だ。

誰もこの鍵に合う穴を知らない。

自分達で見つけるんだ。

 

「おい、来てみろよ」

廃業したホテルがあった。

塗装がはげて、傾いた看板が見える。

この看板に色がついていたのは、もう何十年も前のことだ。

人がいないのを確かめて、入り口のドアに近づいた。

ガラス窓が割れている。

そこから中に入った。床にガラスの破片が散乱している。

鍵に合う穴はこのドアじゃない。

 

窓から斜めに陽が射している。

床を歩く度に埃が宙を舞った。

奥に、背の高い枯れた観葉植物がある。

まるで骸骨のようだ。

空気が自分達を拒絶している。

呼吸するのもためらう程だった。

右手にフロントがある。

椅子や棚が転がっている。

旧式のレジスターが目に入った。

胸が高鳴る。

期待とは裏腹に、1円も無かった。

引き出しを片っ端から開けてみたけど、お金は見つからない。

まぁ、いい。目的は、金じゃない。

視線をフロントの先にやろうとしたその時、

「ばか、隠れろ。誰か来たぞ」

腕を強く引っ張られた。

カウンターの下に身を隠す。

本当だ。

足音が聞こえる。

どこからやってくるのか。

右か・・・、左か・・・。

近づいてくる。

見つかるわけにはいかないんだ。

息を潜める。

敵だ。敵なんだ。鍵を狙ってる。

丸腰なのを後悔した。

木刀でも持ってきたら良かった。

足音のペースは一定だ。

カウンター越しに自分の横を通り過ぎていった感がある。

ホッと一息ついた。

入り口の、割れたガラス窓から出ていったようだ。

 

さらに内部へと、進む事にする。

壁に案内板がある。

宴会場がここから近い。

「おい。行くぞ」

歩き出そうとして、何かを蹴った。

シャッター棒だ。

手に取って、軽く振ってみた。

油断は禁物だ。

リーチが長いし、少し重いが

辺りを見回しても、これ以外に使えそうな物は無い。

「ばか。早くしろ」

ばか ばか うるさい奴だ。

  

シャッター棒を強く握りしめると、

宴会場に続く、暗い廊下へ歩を進めた。

 

床がきしんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トム・ベレンジャー

トム・ベレ・・・

あ、ちょっと待って。色変えるよ(゚д゚)

 

トム・ベレンジャー!トム・ベレンジャー!

ベケット!ベケット!

アイ ラブ ベケット!

ということでですね、ベケットに恋してるんですけれども。

ハァハァ(´д`*)

「山猫は眠らない」っていう映画があるのです。

原題は、「SNIPER」です。

1992年のアメリカの映画です。

この映画の主演が、トム・ベレンジャーです。

トム・ベレンジャー演じるベケットは、アメリカ海兵隊の狙撃手です。

凄腕のスナイパーです。

超絶技巧です!

芸術です!

ひぃぃぃ、かっこいいよひぃぃぃ!!

ベケットの、トム・ベレンジャーの、

あ、青い瞳が・・・、その・・・、

と、とても綺麗でして・・・。

ベケットが魅力のある人なので、

か、かのこマンは、あ・・・いや、

その・・・。

必要以上は喋らない、冷たい感じのする人物ですが

とても仲間を大事にします。

「お前なんか知らん」とか言っておきながら、

いざ仲間が危険な目に遭うと、

迷わず助けに行くベケットキャァァァ!

終始ポーカーフェイスなんだけど、

パナマで現地人と会話した時に見せる笑顔キャァァァ!

列車で、窓際に座って考え事をしているベケットの横顔キャァァァ!

うなじキャァァァ!瞳キャァァァ!

「SNIPER」は3シリーズあります。

かのこマンはやっぱり、

1シリーズ目のベケットが好きですキャァァァ!

 

人にはそれぞれ、

好みの顔っていうのがありまして。

トム・ベレンジャーの顔、

ものすごく好みキャァァァ!

あの手の顔、好きですね・・・。

2回観たけど、ま、まだ観たいな。

買おうかな・・・(゚д゚*)

こ、声もいいのよね。

耳元で、

「・・・とうふ」って囁かれたらすぐにでも湯豆腐!

あまい声キャァァァ!

 

そんな彼。

ベケットの口癖は、

 

ONE SHOT ONE KILL

| | コメント (2) | トラックバック (0)

缶詰

かのこマンは、缶詰を買いました。

キャンベルの缶詰。

ウォーホルが描いた缶詰。

チキンヌードルスープ。

Photo_2 おしゃれな外観。

ハワイ旅行が当たるよ。

 

 

 

 

 

 

気になる中身。パカッ。

Photo_3 ひぃぃぃぃ!!

想像していたのと違うひぃぃ!!

チキンのニオイがしないひぃぃ!!

 

 

愛用のラーメン鍋に移すよ。

Photo_4 ひぃぃ!!

黄色いひぃぃ!!

ヌードルぽくないヌードルひぃぃ!!

 

 

食べてみるよ。

Photo_7 ストレンジヌードル。

チキンぽくないわねこの味。

・・・ちょっと気持ち悪いわね。

でも、後味は悪くないわね。

 

ストレンジヌードルのアップ。

Photo_8 ヌードルじゃないのよね。

ストレンジヌードルは、ヌードルじゃないのよきっと。

味がよくわからないの。

アメリカ味。ザ スタチューオブリバティー味。

 

缶詰の持つ、響きが好きです。

ちょっと滑稽な感じがいいし、開ける時が面白いのよね。

 

・・・捨てる時は、ラベルをはがして捨てるのよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »