« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »

駄菓子

バイト先で、お菓子をもらいました。

駄菓子です駄菓子。

アイ ライク 駄菓子.

ということで、駄菓子が好きなんですけれども。

駄菓子に限らず、お菓子が好きなんですけれども。

うまい棒とか、キャベツ太郎とか、タラタラしてんじゃねぇよ!

とか、チューブに入ったゼリーとか、のしいかとか、ソーダラムネとか。

まだたくさんあるんですけど、

それらが箱に入っていて、その中からかのこマンは

すいかの形をしたマシュマロと、人参の袋に入ったポップライスと、

きび団子と、コーンポタージュ味のスナックと、ビンラムネと、プチプチチョコを

持って帰りました。

早速、きび団子を食べました。

久しぶりのきび団子。

おいしかったです。

駄菓子には夢がありますね。

選ぶ楽しみと、食べる楽しみと、しばらく食べずに眺める楽しみと

駄菓子で一杯になった袋を見るだけで幸せになりますね。

かのこマンの地元に、一件の駄菓子屋がありました。

昔ながらの引き戸をガラガラと開けると、

白い服を着たおじいさんが「いらっしゃい」と言います。

ガラスケースに、色とりどりの駄菓子がたくさん並んでいて

甘い香りが漂っています。

玄関口や壁の周りにも駄菓子が置いてあるので、

くまなくじっくり見て、買うんです。

200円払って、袋いっぱいの幸せをもらうんです。

あるとき、遠足で食べるお菓子を買いに行きました。

30分ほどかけて選んだお菓子は手にけっこうな重さがありました。

ワクワクしながらお店を出るとき、おじいさんが言ったんです。

こんなもの売ったって、何にもならん。

当時、小学生だったかのこマン思わず振り返りました。

それに気づいたおじいさんの奥さんが、

「子供のいる前でやめなさいよ」という目つきでおじいさんを

見ていました。

かのこマンちょっとがっかりしたのを覚えています。

袋の中の駄菓子がかわいそうに思いました。

そんな気持ちで駄菓子を売って欲しくないって、子供心に思いました。

せめて明日は、大事に、おいしく、味わって食べようと思いました。

 

引き戸と、ガラスケースがなくなって、

照明の明るい店内にはもう駄菓子達はいません。

自動ドアの向こうには、

贈答用のお菓子を買うお客さんの姿が見えました。

白いレジが見えました。

もうないんだなと思いました。

ワクワクもドキドキも甘い匂いもいなくなってしまいました。

 

両手いっぱいにもらった駄菓子は、バッグに入りきりませんでした。

袋をもらいました。

袋の中は、懐かしい駄菓子屋さんの匂いがしました。

遠くに聞こえる電車の音を聞きながら、きび団子を食べました。

 

幸せを一個、食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬。

かのこマンは冬が好きです。

夏よりも冬!

肉よりも冬!

白くて、清潔感があって、綺麗ですよ冬は。

段々寒くなってきました。

コートとブーツとセーターと。

コートが好きです。

タートルネックも好きです。

ブーツが欲しいです。

高校生の頃は、ムートンのブーツを履いて通学していました。

恐ろしく滑るブーツで、毎日の様に転びかけました。

縦はいいのですが、横方向にスっとザっと滑るのですよ。

地面に対して、靴底が直角に接するように歩かないと駄目でした。

何かこう、足踏みをする感じで。

しかしね、それでも滑るんですよ。

靴底の材質に問題があるんです。

ゴムじゃないんです。

何なんだろう。軽くてパっと見、いかにも滑りそうな。

しかも、横に溝があるだけだから絶対滑るんですよ。

それでですね、かのこマンは思ったんですよ。

溝をもっと深くしたら滑らなくなるんじゃないかと。

彫刻刀で彫りました。

丸刀をセレクト。

つま先と踵部分は、三角刀で深めに。

その日の夜、けっこうな雪が降りまして。

朝、早速彫ったブーツを履いて雪面を歩いてみました。

足跡を見ると、溝が深くなったのがわかるんです。

以前よりも、くっきりと跡が残っていましてね。

そして驚く事に、滑りにくくなったんです!

わーい。

今年は、ニットブーツがブームなんですかね。

やっぱ、乗馬ブーツですかね。

 

ウエスタンブーツがどうしても好きになれないかのこマンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »